9月

2014

業務ニーズに対応するおすすめの販売管理システム

http://www.grandit.jp/従来は国内の業務ニーズを十分に満たすERPはありませんでした。どれも小規模企業向けの製品で、中堅企業向けのものがなかったのです。そのため、いいシステムが見つからず困っていたという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、現在はそういったニーズを満たす製品が登場しているので、ぜひ導入する際の参考にし、ERPの一元管理のメリットを感じてみてください。

そこで、今回は「ERP・基幹業務システム・販売管理システムならGRANDIT」というサイトをご紹介します。こちらは、販売管理や会計・人事給与などの課題を解決するソリューションを取り扱っているサイトです。

上記の製品のメリットは、複数社のノウハウを活かした製品開発です。つまりコンソーシアムということですが、これをアプリケーション業界において行なっているところは多くありません。コンソーシアムでは異なる技術を集め、やがて一つの製品へと昇華します。それにより、どなたでもどのような状況でも使いやすいパッケージが生まれたのです。

ERPを利用することには、正しい情報共有による内部統制や、リアルタイムの経営把握、信頼性の高いシステム、業務効率改善など、さまざまなメリットがあります。そのため、幅広い業務ニーズを満たすには、最適なアプリケーションといえるでしょう。

5月

2014

人事考課システムを導入し社員の質を高めよう

「人」は企業にとって、最大の財産ですよね。

●優秀な人材を効率的に集めたい(採用したい)
●人が原因で起こる人為的ミスの防止や原因を知りたい
●成果が上がりやすい人員の配置を実現したい
●社員の質を高めるために必要な育成や自己啓発をしたい
●人員1人1人がモチベーションを高めるような環境を作りたい
●社員が抱える精神的な問題を防止・抑制したい

もしも上記のような社員や人材に関する悩みや希望を満たしたいと思っているのであれば、<タレントマネジメントシステム | 人と組織の才能を引き出すサイダス【CYDAS】>を参考してみてください。こちらでは上記のような問題を解決できるシステムの提供をおこなっていますので、もしかしたら企業の価値を高められるかもしれません。

【詳細】>>人事考課システムのホームページ

こちらの人事考課システムを利用することで人材情報から人材戦略を分析・調査することができ、その結果から企業にとってプラスとなる組織力の形成が可能となります。

具体的に人事考課システムを導入することで、企業側にとってどういったメリットが発生するのか、公式ホームページ上では事例が掲載されていますので、読んでみると分かりやすいでしょう。例えば売り上げの上がらない多店舗展開企業が、どのように売り上げ率を増やしていったのか・・・などが掲載されています。

4月

2014

使えない社員など存在しません

なぜあの社員は行動に無駄が多いのか、そんな事を担当の上司の方の口から漏れる事もあるかと思います。しかしそれを育てるのも仕事の内に入ります。なのでこの愚痴は、自分の仕事の悪さを漏らしているようにも感じられる話でもあります。おそらく上司も部下も、自分ができる範囲で頑張っているのだとは思うのですが、お互いに不快感を与えるような人事は不幸しか生みません。人事考課はこの様な点も配慮して人員を選ぶべきです。

誰しも仕事には適正と言うものがあるものです。力の弱い人に力仕事をさせるのは酷です。また女性は事務しか仕事が無いという態度をとる企業も印象が悪いです。そこでこのような問題を解決するためにも、人事考課はしっかりと社員の適正を判断しまして、この人ならここで活躍してくれるという配備ができるように動く必要があるかと思います。そうしますと、会社の雰囲気が良くなるばかりではなく、適正効果で企業成績も上がるはずですので、人事考課の役割の大きさを感じます。

ただし、人事というものを万全にするのであれば、相当なデータなければ判断というものは付きにくいです。それなりの人を見てきた方というのが、人事考課という仕事の適正だと思います。

5月

2013

サーバーの仮想化をして効率化を図りましょう

企業ではサーバーの仮想化をしている所も多く見受けられます。
ですが、サーバーの仮想化と聞くと難しいといったイメージがあるのではないでしょうか?

サーバーの仮想化についてはVMwareというシステムを使って行われていますが、少し敷居が高いのが難点。
VMwareによるサーバー仮想化についてはIT価値創造塾というサイトで詳しい情報を見ることが出来ます。

特に導入事例のコンテンツはとても参考になるかと思います。
サーバー仮想化で一体どういったメリットがあるのか、どんな使い方をしているのかなど会社ごとに閲覧出来ます。
中には名前を聞いたことがある企業の事例もありました。

サーバーを仮想化することで受けられるメリットに、複数のシステムを導入できるという点があります。
例えば1つのPCには基本的に一つのOSしか入れられませんよね。
しかし仮想化を行うことでWindowsとUnixを同時に導入することなどが可能です。

システムリソースの節約などのメリットも受けられます。
IT価値創造塾のサイトには、これらについても詳しく書かれています。
興味が有る方は一度アクセスしてみて下さい。

たまにセミナーを開催していたり、資料のダウンロードやビデオで詳しい解説が行われています。

仮想化の参考サイト→IT価値創造塾