2月

2014

貿易や輸出入の管理に特化したソフトとは?

貿易ソフトというのは、貿易業務を管理するソフトウェアのことで、利益を生みだすための原価管理や、それぞれの会社の経費按分処理などに対する柔軟な対応と資金繰りのサポートを効率よく実行します。

会計ソフトだと広く知られていますが、輸入、輸出、貿易という仕事を業務としている企業は、それほど身近にあるわけではないので、
それに関連するソフトがあることを知らない人が多いようです。

輸出入ソフトや貿易ソフトでは、業種別にシリーズが開発されていて、たとえば、化学、電子部品、自動車、食品、医療機械、精密機械など分野別に分けられているソフトもあるようです。

貿易ソフトの任務は、輸出入や国内取引の統合管理、関税の自動計算機能、輸出帳票、輸入帳票の作成。

さらに、見積書、注文書、納品書、請求書など、国内販売帳票の作成、発注書など国内仕入帳票の作成など、多言語のも対応する非常に頼もしいソフトです。

輸入や輸出業務を行っている企業では、日本円のみに対応している市販ソフトでは業務管理が困難なため、貿易や輸出入の管理に特化したソフトが必要です。

あることに特化した商品は高額になることが多いです。
購入する際には、

国内向けの締日請求に対応可能か、商品単価の設定が柔軟に設定できるかどうかなど、国内取引を含めた機能が充実しているかどうかをチェックして購入するとまちがいないそうです。

詳しいことは、株式会社コデックス貿易ソフトが参考になります。

5月

2013

サーバーの仮想化をして効率化を図りましょう

企業ではサーバーの仮想化をしている所も多く見受けられます。
ですが、サーバーの仮想化と聞くと難しいといったイメージがあるのではないでしょうか?

サーバーの仮想化についてはVMwareというシステムを使って行われていますが、少し敷居が高いのが難点。
VMwareによるサーバー仮想化についてはIT価値創造塾というサイトで詳しい情報を見ることが出来ます。

特に導入事例のコンテンツはとても参考になるかと思います。
サーバー仮想化で一体どういったメリットがあるのか、どんな使い方をしているのかなど会社ごとに閲覧出来ます。
中には名前を聞いたことがある企業の事例もありました。

サーバーを仮想化することで受けられるメリットに、複数のシステムを導入できるという点があります。
例えば1つのPCには基本的に一つのOSしか入れられませんよね。
しかし仮想化を行うことでWindowsとUnixを同時に導入することなどが可能です。

システムリソースの節約などのメリットも受けられます。
IT価値創造塾のサイトには、これらについても詳しく書かれています。
興味が有る方は一度アクセスしてみて下さい。

たまにセミナーを開催していたり、資料のダウンロードやビデオで詳しい解説が行われています。

仮想化の参考サイト→IT価値創造塾